損傷定義

キズ情報についての詳細は下記をご参照下さい。

【キズの種類と定義について】

 キズ情報にある記号に関しては、下表をご参照下さい。

記号 種類 定義
A ヘコミ 修理が必要なヘコミ
B リッド等の裏から押されて突起した状態
C 浅い擦り傷 洗車傷など、塗装を必要としない磨きで消えるような傷
D 深い擦り傷 磨きで消えない、爪がかかるような傷(下地は損傷がない状態)
E 削れ傷 下地まで損傷がある状態
F 割れ プラスチックやFRP製品に割れがある状態
G ヒビ 塗装面が劣化等でヒビが入った状態
H 錆び 塗装面の下、又は塗装が剥れて錆びている状態、修理可能なもの
I アルミ腐食 アルミ部品で塗装面の下、又は塗装が剥れて腐食した状態、修理可能なもの
J 錆び、腐食により穴が開いた状態、修理可能なもの
K 鈑金跡 パテ使用や切り張りなど、鈑金跡が特定出来るもの
L 再塗装 新車塗装ではなく、塗り替えが行われたもの
M 波うち リッド、バンパー等で表面が波打った状態
N タッチペン 筆、ハケ等で塗料を塗られた状態
O シール シール(デザイン、看板等)が貼ってある状態
P ライン 塗装によりデザイン、ラインが塗られた状態
Q 飛び石 小 1mm程度までの飛び石により出来た傷、修理可能なもの
R 飛び石 大 1~2mm程度までの飛び石により出来た傷、修理可能なもの
S 浅いワイパー傷 ワイパーにより出来た擦り傷、目立たないもの
T 深いワイパー傷 ワイパーにより出来た深い傷、目立つもの
U 曲がり、折れ リッド等のカドやフチが曲がり、又は折れた状態、修理可能なもの
V 加工品 純正の状態ではない、何らかの加工が施されたもの

【キズの位置について】

 キズ情報にあるキズの位置に関しては、下表をご参照下さい。
gaisousyousaizu_fgl.jpg
gaisousyousaizu_fen.jpg
gaisousyousaizu_bmp.jpg
gaisousyousaizu_bmp2.jpg
gaisousyousaizu_rid.jpg
gaisousyousaizu_jdoa.jpg
gaisousyousaizu_hdoa.jpg

【キズ情報の見方について】

  • 登録されている部品は、基本的に全て修理可能なものとなります。
  • 損傷の情報は正確に表示しておりますが、希少価値があるものに関しては例外としている場合があります。
  • 商品の素材が不明で、記号H(錆び)、I(アルミ腐食)を決め兼ねた場合は、H(錆び)で表示しています。
  • 記号V(加工品)に関しては、加工されたまま、又は加工を純正の状態に戻し適合車種での使用が出来るものに限っています。
  • 損傷の情報は程度の悪いものから表示しています。
  • 損傷の範囲、面積は タテ×ヨコ で表示しています。単位はcmですが省略しています。
    (例) タテ3cm、ヨコ2cmのヘコミ → A3×2
    タテ10cm、ヨコ5cmの深い擦り傷 → D10×5
  • 損傷箇所の数は(個)で表示しています。
    (例) 3cm×3cmのヘコミ 2個 → A3×3(2個)
    飛び石 大 5個 → R(5個)
  • 損傷のある位置番号は[ ]内に表示しています。損傷の種類、大きさ、数の順で表示しています。
  • 同じ場所番号内に複数の種類の傷がある場合は、程度の悪いものから表示しています。
    (例) 6番の場所に5cm×5cmのヘコミ、3cm×3cmの浅い擦り傷
    3番の場所に2cm×2cmのヘコミ

    [6]A5×5,C3×3 [3]A2×2