Vi-Blog

元気なくるーぶろぐ

今年最後の・・・

 

IMG_3922.JPGIMG_4268.JPGIMG_3915-2.jpg

 



今日はいよいよ待ちに待った(?!)クリスマス・イヴですね。
早いもので今年、令和元年ももうすぐ終わってしまいますね。
私事ですが先日、初めて甥っ子が産まれまして、令和元年生まれです。
令和元年は5月1日~12月31日までで8か月あるので(むしろ平成31年生まれの方が少ないですね)、数日しかなかった昭和64年生まれほどレアではないですが、でもやっぱり”元年”って特別な感じがしますね。

今だと、時代遅れだとか古臭いとかいう意味で「昭和」が使われたりしますが、平成もそう遠くないうちにそう言われるようになってしまうのでしょうか。

時代はどんどん変わっていきますね。私はおばさんなので、今はもう若い子のように流行りに乗ったりとかは厳しいですが、かと言って古い価値観に固執したまま歳を取りたくはないなとも思います。難しいですね。
何事も柔軟にいきたいですね。

最後に、今年最後の虹のお写真をアップします。

念のため・・こちらは停車して撮影したものになります。
今月から、ながら運転の罰則が強化されましたね。
今まで無事故無違反の優良ドライバーだったとしても、ながら運転で捕まると一発免停になるそうです。
事故は本当に一人ひとりが気を付けないといけないですね。
年末年始は何事もなく、穏やかに過ごせることを願います。

今年も一年、大変お世話になりまして、誠にありがとうございました。
また来年も、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

ざおうさまバスに乗ってきました~防災研修レポ~

11月17日(日)、地元の防火クラブの防災研修に参加してきました。
研修先は「山形市防災センター」です。防災に関する様々な体験が無料で出来る施設です。
そしてなんと、以前このブログでもご紹介した蔵王町の「ざおうさまバス」を貸し切りにして実際に乗ってきました!
バスに乗って研修旅行というのは初めてで、そもそも普段バスに乗る機会もあまりなかったので、楽しかったです。

最初の休憩で立ち寄ったSAでパシャリ。

IMG_3481.JPGIMG_3483-2.jpgIMG_3484-2.jpgIMG_3488.JPG


秋の山形。
色づいた山々がいい感じですね。


山形市防災センターに到着したざおうさまをパシャリ。

IMG_3500-2.jpgIMG_3502-2.jpg


澄んだ青空が最高に綺麗です。

研修中の写真は真面目に研修を受けていたためあまり無いのですが、こちらは地震体験のものです。

IMG_3490.JPGIMG_3495.JPG






こちらの地震体験は、震度3~5強等の震度の体験だけではなく、過去に実際に日本であった大きな地震も体験出来るという優れモノでして、写真にありますが岩手・宮城内陸地震も体験出来ました。その他、新潟の中越地震や兵庫県南部地震(阪神淡路大震災)等の体験もありました。
写真では分かりづらいのですが、吊り下げられた室内灯が大きく揺れているのがお分かりでしょうか。
本当に、体験せず周りで見ているだけでも分かるほど大きく揺れていました。しかも上下左右ランダムに揺れている感じです。
そして最後自分の番が来て、どの地震体験かなと思ったら、今から96年前に起きた「関東地震(関東大震災)」でした。

東日本大震災が起きるまでは、この関東地震が史上最大規模の地震だったそうです。ただし、死者・行方不明者は105,385人とのことで東日本大震災より多く、実に10万人以上の方が亡くなったそうです。なぜここまで死者が増えてしまったのかという説明もされたのですが、地震発生時刻が午前11時58分頃とのことで、昼食の準備をしていた家庭が多く、そのため火災が多く発生したからなんだそうです。それから台風の影響で強い風が吹いていたのも火災の被害を大きくした原因なんだそうです。死者の約9割、約9万人の方の死因は火災によるもの(焼死等)だったんだそうです。
一概に地震と言っても、東日本大震災は津波による溺死、阪神淡路大震災は建物等の倒壊による圧死による死者が多かったそうで、地震によって被害は変わってくるんですね。

次は消火訓練でした。訓練用の消火器を使ったもので、これは以前何回かやったことがあるし、、と思ってナメていましたが、消火器の正しい持ち方や、ホースを持つ位置や角度等、細かい所まで指導して頂いて、とても勉強になりました。
火って、どんどん上に燃え上がっていくので全体の中央あたりに消火器を噴射してしまいがちなんですが、必ず火の「根本」を狙うんだそうです。それから、一般家庭用の消火器は粉末タイプのものが多いのですが、布団が燃えてしまった時は液体タイプの方が中まで浸透するのでいいんだそうです。逆に、電化製品に液体タイプの消火器を使うと、漏電などの危険性があるため使用してはダメなんだそうです。知りませんでした。

次に2階に移動して煙体験をしました。火災によって煙が充満した建物内を、迅速に避難するという訓練が体験出来ます。小学生の頃、ハンカチで鼻と口をおさえて避難訓練をしたのを思い出しました。
その経験もあってか、余裕だろうと思っていたのが間違いでした。最初に煙を出す前に建物内を一通り歩いてみて、その後機械で煙を出してから再度入ったら、本当に前が何も見えなくなりました。自分の右側の壁をひたすら叩いて進路を確認しながら進んでいったのですが、曲がり角に来ると壁が分からなくなったりして本当に焦るというか、訓練と分かっていてもパニック状態になりました。
その上、煙を吸わないように低い姿勢で、中腰のまま歩いていたのでとにかくしんどかったです。これは後日談になりますが、翌日脚が筋肉痛になりました。
それから金属製のドアノブ等はものすごい高熱になっている可能性があるため、そのまま手のひらでいきなり握ってしまうと火傷の危険があるそうです。正直、そこまで考えが及びませんでした。

旅館やホテルに宿泊するときは、必ず非常口と避難経路、消火器の位置は確認するようにとのことでした。今まで旅行などでホテルに泊まる時、浮かれていて非常事態のことなど全く考えておりませんでした。

火災が発生する原因は色々ありますが、1位は全国どこも同じ原因なんだそうです。それは何でしょうかという質問に、ガスコンロで調理中に目を離したとか、タバコの不始末とか、トラッキング現象とか、色々な意見が出ましたが、正解は意外にも不審火、つまり放火なんだそうです。
京都アニメーション火災が記憶に新しいですが、ある日突然、何者かによって放火されて、たまたまそこにいた人たちが巻き込まれて亡くなるということが、本当に身近にあるかもしれないと、改めて考えさせられました。
実際に、京都アニメーションでは屋上に続く階段の途中で、何人もの方が折り重なって亡くなっていたということでしたが、今回の体験でそれが身に染みて分かりました。本当に、黒煙で前が見えず、毎日働いている職場でも場所が分からなくなり、パニック状態になっていたと思います。
ショッピングモールや水族館、映画館など、大きな建物に行く時も、避難経路の確認が必要だと思いました。

最後は救命講習でした。今年普通救命講習を受講したばかりなので、人並み以上には出来るだろうと思っていましたが、姿勢が曲がっているというご指摘を受けてしまい恥ずかしかったです。心臓マッサージは時間との勝負なので急がないとと思うと焦ってしまうのですが、一つ一つ確認しながらやらないといけないですね。

その他、119番通報体験もありましたが今回はDVDにて説明を受けました。119番に電話すると、最初に「火事ですか、救急ですか」と聞かれ、答えるとその次は場所を聞かれるんだそうです。
救急の場合は先に怪我の状況等を聞かれるのかと勘違いしてました。場所を先に聞くことで、場所を特定したらすぐに消防車または救急車を出動させるためなんだそうです。そして怪我等の状況をオペレーターさんに説明している間にすぐ現場に到着出来るということなんですね。
それから、救急車が全て出払っている時に新たに救急の要請が入ると、消防車を救急現場に向かわせる場合もあるそうなんです。それを知らなかったら、火事と間違えられた!と勘違いしてしまいそうですね。知っておいてよかったです。

2時間程で全ての訓練を体験出来ました。今回30名での体験でしたが、少人数であればそこまで時間はかからないかと思います。今回の研修でたくさんのことを学べました。防災センターの職員さんも皆さん親切な方ばかりで、説明も分かりやすかったです。
子供たちを連れてまた来たいと思いました。小さい子も楽しく防災を学べると思います。この内容を無料で体験出来るというのが本当に素晴らしいと思いました。

「百聞は一見に如かず」というのはまさにこのことだと思いました。実際に体験してみないと分からないことばかりでした。
今後も防災や救命について勉強していきます。
いつか自分の知識や経験が役に立てば、、と思いますが、だからと言って災害や事故等は起きて欲しくは無いんですけどね。何も起きないかもしれないけど、何か起きるかもしれない。
もしもの時に役立てられるように、努めたいと思います。

 

明治村様 ボンネットバスのご紹介

おはようございます。
今回は、先日無事に納車されました、弊社製造のボンネットバスのご紹介をしたいと思います。
導入頂いたのは「博物館 明治村」様です!

明治村さんといえば、数多くの重量文化財を含む明治時代の建造物を体感できる、日本が誇る野外博物館ですね。
自分もレトロ系のものが好きで、初めて自分のお給料でローンを組んで買った車が、このボンネットバスのようにフロントグリルが特徴的な「ダイハツ ミラ クラシック」でした。
それから某任〇堂コミニュケーションゲームでは「レトロな〇〇」等の家具で部屋をカスタマイズしておりました。
たまーに模様替えで昭和風にしてみたり、、そんなどうでもいい話はこのへんにして、お写真をどうぞ!

IMG_2341.JPGIMG_2345.JPGIMG_2342.JPGIMG_2344.JPGIMG_2347.JPGIMG_2353.JPGIMG_2350.JPGIMG_2351.JPGIMG_2352.JPGIMG_2349.JPGIMG_2354.JPGIMG_2356.JPG

 


エンジ色に山吹色のラインとロゴ。シックな色合いがとっても素敵ですね。
以前弊社で製造したハイカラさんは明るい赤(青もありますが)だったので、もちろん明るいのもいいですがシックな配色がレトロな車体に合いますね。

そして座席ですが、木製の椅子に深緑色の座面がまたいいですね。

ボンネットバスといえばやっぱり、突き出た大きなフロントグリルとまん丸のヘッドライトですよね。

真後ろから見ると、元々はローザだったんだなというのが良く分かりますね。
そして後ろについている格子状のものは、車椅子を格納するためのバケットだそうです。

会社の敷地内で撮影しているので殺風景なのが残念ですが、明治村さんではきっと映えるでしょうね。

明治村さんを紹介するブログもたくさんチェックしましたが「死ぬまでに一度は行くべき!」と熱弁されている方もいらっしゃいました。
宮城からだとけっこう遠いですが、本当に、死ぬまでに一度は行ってみたいです。
そしてこうして会社のブログで「明治村行ってみた」体験レポを書けたらいいなと思います。

最後になりましたが、ボンネットバスにご興味のある方、導入を検討されている方、まずはお話だけでも結構ですので、お気軽にお問い合わせいただければ幸いです。
気になること、分からないこと、こういう風にしてみたいけど出来る?等々、小さなことでもなんでもお問い合わせください!

株式会社ヴィ・クルー

TEL:0224-24-3511
FAX:0224-24-3510
担当:フロントまで

メールの方は、下記よりお問い合わせフォームにお進み頂き、お問い合わせください。

 

ボンネットバスに関するお問い合わせ

お問い合わせ内容に「ボンネットバスの件」とご入力の上、お問い合わせください。

contact_link1.gif

『GO!GO! ラリー in 東北』~ Classic car meeting 2019 ~レポ

このたびの台風19号により亡くなられた方々に、深くお悔み申し上げます。
また、被災された皆様に、衷心よりお見舞い申し上げます。

弊社の社員も、大きな被害を受けた者はいなかったものの、自家用車が水没したり、住宅が床下浸水したりという被害があったようです。また、今現在も自宅の断水が続いている社員もいるようです。
私の自宅も土砂崩れの危険があったため実家に避難しましたが、実家近くで土砂崩れにより自宅が損壊してしまったお宅がありました。住民の方は避難していて無事だったようですが、自宅前の道をふさぐほど土砂が流れてきておりました。
丸森町の親戚は店舗を経営しているのですが、店の中まで浸水してしまったため、店内の商品はほとんどダメになってしまったようです。

被災された皆様の生活が少しでも早く復旧出来ますよう、祈念致します。

*********

さて、こんな時ではありますが明るい話題をお届けしたいと思います。

少し前になりますが、俳優の唐沢寿明さんが発起人となった、東北への復興支援を目的としたチャリティーイベント「『GO!GO! ラリー in 東北』~ Classic car meeting 2019 ~」が10月5日にスタートし、なんと翌日の10月6日に、我が宮城県蔵王町にいらしてくださったのです!!

夫は最初あまり関心が無さそうだったのですが(失礼)、妻で女優の山口智子さんも一緒に参加されるというのを聞いたら一変、「今すぐ行くぞ!」と置いていかれそうになりながら付いて行きました。
唐沢さんが世の女性陣をトリコにするように、山口さんは世の男性陣をトリコにするんですね。そう考えると本当に凄いご夫婦です。

唐沢さん始めスタンプラリーの参加者達は、クラシックカーに乗って出発地点からスタートし、スタンプラリー設置個所を周りスタンプを集めてゴールするという流れのようです。
蔵王町はスタンプラリー設置個所となっており、それで来て頂けたということですね。

会場である蔵王町役場前に行ってみると、早朝から既にたくさんの人が集まっていました。

しばらく待っていると最初の何台かのクラシックカーが到着しました。いずれも一般の方でしたが、集まった町民の皆で暖かくお迎えしました。
一般の方とはいえ、皆さんとても個性豊かなクラシックカーにお乗りでした。私は全く詳しくないのですが、夫は旧車好きで色々分かるようで、歓喜していました。
参加者の方はスタンプを押すだけではなくて、町の特産品のお土産や試食もあり、皆さんに喜んでいただけたと思います。
最後は町民が長い花道?を作り、町長がお立ち台?に立ってお見送りしました。

こんな感じで何台ものクラシックカーをお出迎え・お見送りしていきました。
そして、その時はやってきました。
「唐沢さんが到着しました!」のアナウンスと同時に黄色い歓声が響き渡り、会場は騒然となりました。
唐沢さんが車から降りてスタンプラリーのテントまで来るとものすごい人だかりで、近づくことはもはや出来ませんでした。とにかくスマホのカメラをズームにして離れた所から写真を撮ってました。
必死に撮った写真がこちらです↓

IMG_2157.JPG

△試食を召し上がる唐沢さん△


そうこうしてるうちに、なんと俳優の谷原章介さんもご到着!会場はまたもや騒然。

IMG_2178-2.jpg

△ざおうさまが見守る中、特産品等を受け取る谷原さん△

谷原さんを見つめるざおうさまがなんだか可愛いです、、。

 

IMG_2173-2.jpg

△集まった人々にサイン等のサービスをしている谷原さんに握手がしたいざおうさま△

※ざおうさまはこの後無事に握手と、ハグまでしてもらうことが出来ました。
しかし、ハグの瞬間のシャッターチャンスを逃してしまいました、、、(涙)

そして町民の花道を抜けて町長の元へ向かわれる唐沢ご夫妻です。
オープンカーが素敵です。

 

IMG_2188.JPG


町長の待つお立ち台(?)にご到着。

 

IMG_2197.JPG

 



ご夫婦揃ってのご挨拶。

山口さんのお顔も拝見出来ました。
ご夫婦で統一されたファッションがとっても素敵でした。
(唐沢さんの格好がパズーに似ているという声が多かったようですが、確かにゴーグルとチョッキがそれっぽいですね)

IMG_2206.JPG



ご夫婦揃って何かを指しているように見えますが、これは谷原さんが向こうにいる、というお話をされていたためです。
唐沢さんが最後のあいさつで「これからも谷原章介をよろしくお願い致します!」とおっしゃったのには笑ってしまいました。さすが唐沢さんです。

IMG_2224.JPG


その後、たくさんの方々に見送られて、次の会場に向かって出発されていきました。





そしてその後谷原さんもごあいさつ。
IMG_2236.JPG

 

唐沢さんと同じチョッキなのでしょうか?似ているように見えます。
谷原さんの着こなしも素敵です。
立ち姿もピシっとしてて格好いいですね~。

谷原さんもあいさつの締めで「これからも唐沢寿明をよろしくお願い致します!」とおっしゃっていました。
わざとなのか?でもきっとお二人は本当に仲良しなんでしょう。

谷原さんも皆に見送られて、次の目的地へ向かわれました。



そしてなんとこの方もいらっしゃってくれました!
IMG_2260.JPG

後ろ向きの写真しか撮れず申し訳ないのですが、お笑い芸人の福田彩乃さんもいらしてくれました!
なんと、ご自身で運転されています。クラシックカーを運転する女性、カッコいい!!憧れます。
ローラのものまねを生で見ました(笑)


その後もたくさんのクラシックカーが蔵王町に来てくださいました。
中にはレッカーされているお車もありました。年式が古い車なのでトラブルも致し方ないかと思いますが、ドライバーさんはお気の毒に思います。


最後の2台を見送った時は人もまばらになってしまいましたが、残った人たちで盛大に送り出しました。
時間はお昼近くになっていました。

東日本大震災からもうすぐで9年になりますが、それでもこうして東北の復興のために行動してくださる方がたくさんいらっしゃって、本当にありがたいと思います。

 

 

おまけ

知り合いの方が谷原さんに生サインをもらったとのことで、激写しました。

IMG_2269-2.jpg

これは一生モノのお宝ですね!うらやましい、、、。

 

 

遠い異国の地で

6月が終わり、2019年も残すところあと半年となりました。
令和元年を迎えたばかりですが、あと半年で終わってしまうのですね。

さて、弊社にはインドネシアからの実習生が、1期生と2期生、合わせて6名在籍しています。
そのうち1期生の3名が、任期を終えて今月、一時帰国することになっています。

その彼らが母国インドネシアの郷土料理を手作りして、社員全員にプレゼントしてくれました。

お昼にさっそく頂いてみましたが、カレー風味の牛肉の煮込み料理でした。
おいしいのですが結構、辛かったです。かなりスパイスが効いていました。辛いのが好きな人には本当においしいと思います。
自分は辛いの苦手な方なのですが、ご飯と一緒ならおいしく食べられました。

食べる前に写真を撮っておけばよかったのですが、時すでに遅しでした…。

料理の名前が分からなかったので調べてみたら「ルンダン」という名前のようです。
ウィキペディアのページもちゃんとありました。

社員全員分となると相当な量だと思うのですが、6人全員で作ってくれたようです。
本当にありがたいです。

自分は生まれも育ちもずっとここ宮城で、結婚するまでは実家暮らしでしたし、故に一人暮らしの経験も無く、ましてや海外に行ったことも一度も無いです。
週に一度は実家に帰ります。子供たちもじいじ、ばあばが大好きですし、自分が仕事しながら子育て出来ているのも夫や両親が近くで支えてくれているからだと思います。

でも彼らは母国を離れて、言葉も文化も気候も違う遠い異国の地で働き、生活していて、こんな言い方しかできなくて申し訳ないのですが本当にすごいなと思います。
何かつらいこと等があっても簡単には帰国出来ないですし、一人暮らしも大変ですが、たとえ同じ志を持つ者同士でも他人同士で生活するというのは、色々気を遣うこともあるし意見が違ってぶつかることもあるし大変だと思います。

以前のブログで中国雑技団の子たちのことを書いたのですが、彼らもまた異国の地で危険なパフォーマンスをして出稼ぎをしていて、そういう子たちがまだまだたくさんいるんですよね。

自分にはできないけどすごく尊敬します。
外国で生活するのは無理ですが、一度くらい海外旅行をしてみたいな、と思ってはいるのですが、果たしていつ実現することやら…。


新入社員歓迎会&お花見レポ

 

IMG_2462.JPG


新入社員が入社した4月の第一週の週末に、新入社員歓迎会 兼 お花見を開催しました。
本当はもう少し後にする予定だったようですが、今年は桜の開花が早かったため急遽開催を早めることとなりました。

新入社員は初日から2泊3日で研修、その後講習会等が続き、かなり疲れが出てきている中だったとは思いますが、
「楽しみにしています!」と元気に答えてくれました。

さすが、若さというパワーは違いますね。自分も入社当時は同じ歳だったはずなのに、、!

 

自分もこのイベントの運営チームに入れて頂いたため、打合せや準備・買い出し・場所取り等をさせて頂きましたが、準備って大変ですが楽しいですね。こうした方がいいかな?等意見を出し合って、計画して準備していく過程が楽しいのかもしれません。
ちなみにこの運営チームというのは「親栄会」という名称で、各グループ毎に若いリーダーを選出して、会社の行事を通じて社内活性化を図るために、昨年度より発足されたグループなんです。

自分は今年度からの新入りなんですが(年齢はたいして若くもないんですが)、若い社員に囲まれて大変楽しく活動させて頂いています。
なお、会のリーダー(会長)は、グループ内で一番若い社員です。あれ、書いていて今気づきましたが、今年入社の社員を除けば会社内で一番若い社員ですね。
でも彼は若いですがリーダーシップがあって明るくて、なるべくしてリーダーになったという気がします。

そしてお花見当日なんですが、あいにく風が強くて気温も低く、花見客は自分たち以外誰もいませんでした。(日中場所取りしていた時点では結構お客さんいたのですが、、。)
それでも、楽しかったと声を掛けてくれる社員の方が何名かいて、大変ありがたい気持ちになりました。
後片付けもほとんどの社員の方が手伝ってくれました。
こういう時、男性が多い会社っていいなあと思いますね。

写真がなかなかうまく撮れず、、しかし白石城の桜は昼も夜も本当に綺麗で、やっぱりお城に桜の花は映えますね!
今風に言うなら「映え~!!」なのでしょうか。(?)
大河原町・柴田町の一目千本桜が有名なので白石はあまりスポットが当たらない?のかもしれませんが。
でもどちらも綺麗で大好きな桜です。自分は白石出身ですが、学生の青春時代を過ごした大河原もすごく大切な思い出がたくさんあって、自分は第二の故郷だと(勝手に)思っております。

今後も新栄会でイベントを企画する予定なので、ブログでご紹介していきたいと思っております。

 

 

IMG_0644.JPG



最近また雨が多くなって、だんだんと寒くなってきましたね。

つい最近、朝の通勤時に出ていた虹がすごく立派で、今まで見たなかで一番はっきりとしていて綺麗だったので、お写真載せたいと思います。

この歳になっても、虹を見るとやっぱり嬉しくなりますね。

子供が通う幼稚園の駐車場に着いた時に撮ったのですが、子供たちを園に送って駐車場に戻ってきたら既に消えていました。
本当に一瞬で消えてなくなってしまいますね。
たとえば花火や、桜などの花もそうですが、やはり綺麗なものは儚いものなのですね。


毎年、紅葉を見に行きたいと思いつつシーズンが過ぎてしまいます。
せっかく蔵王エコーラインが近くにあるのに、もったいないのですが。
来年こそは、、と言ってたぶん来年も行かないんだろうな、、と思う自分が情けないですmaple

 

重陽の節句

こんにちは、ヴィ・クルーの木村です。
大変ご無沙汰しております。
突然ですが、すごく久々にブログを書かせて頂きたいと思います。

愛用しているスケジュール帳をふと見てみると、9月9日に「重陽の節句」とありました。
読みは(ちょうよう)だそうです。恥ずかしながら初めて知りました。

桃の節句や端午の節句と同じ節句のひとつで、不老長寿を願う風習のことだそうです。
別名「菊の節句」菊の花びらをお酒に浮かべた「菊酒」を飲んで邪気を払い、長寿を祈願していたそうです。

昔から、奇数は縁起のいい「陽数」と考えられていて、一番大きな陽数である9が重なる日を「重陽」と呼び、特別な日とされていたとか。

9が縁起がいい数字とは初めて聞きました。苦を連想するのでむしろ忌み嫌われているイメージですが、、、。
よくよく調べてみると、元々は中国が由来みたいですね。
中国人といえば8が大好きなイメージですが、9も縁起が良いとされているみたいですね。

私自身の話になりますが、私は朝方の4時9分に産まれたのですが、母が、4と9なんて縁起が悪いので、せめて1分だけでもずらして4時10分にしてくれないか、とお医者さんに頼み込んだそうです。
結果は・・・やはり出生時間をずらすことは出来なかったようで、私の母子手帳には4時9分としっかり書かれています。

でもこの重陽の節句を知って、9という数字をポジティブに考えられるようになった気がします。
しかし4は・・中国でもあまり縁起が良くないようですね。4つの幸せ、と考える人もいるみたいですが。
4に関する縁起が良い話も探してみたいと思います。

ツバメもスズメも私も子育て真っ最中

こんにちは。ヴィ・クルーの木村です。
大変ご無沙汰しておりました。
気が付けば、昨年の3月からずっと更新していなかったようです、、。
色々ありまして、ブログはほったらかしになっておりました。反省です。
ブログネタはたくさん集まりすぎているので、出し惜しみせずにバンバン出していきたいと思います!

さて、東北地方も梅雨入りしたようですねsnail
会社の玄関前には毎年ツバメが巣を作るんですが、今まさに巣にヒナがいて、子育て真っ最中です。

会社のツバメのヒナは、巣から転落したことは一度も無いのですが、、、先日私の夫が、オートパルさんの第二工場で仕事をしていた時に、たまたま巣から落ちてしまったスズメのヒナを拾ってしまったんです。

金曜日、家に帰るとなぜか冷蔵庫の上に謎の箱が、、。
そしてなぜか鳥のエサ(粟)なるものが、、。それで察しました。

なぜ冷蔵庫の上に置いたかというと、家でネコを飼っているので、見つかったらイチコロなんですニャcat
(鳥はめったにないですが、ネズミはしょっちゅうです)

金曜日に拾ってきて、土曜日は私が仕事休みだったのでエサやりを頼まれたのですが、全然食べてくれず、、しまいには箱から脱走してしまい、仕方なく家のネコを外に追い出しました(ごめんなさい)

しかし、よくよくネットで調べてみると、スズメのヒナは普通の鳥のヒナのエサ(粟)は食べないらしく、いわゆるイモ虫的な虫しか食べないとか、、、
ヒイイイイ!
そんな自然界のイモ虫なんて捕まえられないですわ!
しかし、ミルワームという謎の?イモ虫的な虫はホームセンターでも買えるらしく、、
仕方無く、買ってきました、、。
そして勇気を出して、ムニュっとつかんで、あげてみたら、、食べました!
すごいぞミルワーム。そしてよくやった自分。

(ちなみに夫は自然界のイモ虫的な虫を何匹か捕まえてあげてました)

写真で、家が散らかってるようにも見えますが、あまり見ないで気になさらないでください。
やべ、カレンダーが5月のままだ!ヒエー(写真アップして気づきました)

IMG_2072.JPGIMG_2073.JPG



ヒナと言っても、羽もほとんど生えそろっていて、少しなら飛ぶことも出来る、巣立ち直前のヒナだったみたいです。
生まれたばかりのヒナだったら大変だっただろうな。

そして日曜日、夫も仕事休みだったので、スズメの親の元に返しに行きました。
オートパルさんに許可を頂いて、第二工場に入らせてもらいました。
ヒナが落ちていた所の上を模索して、なんとか巣を見つけて、巣に返すことが出来ました。

IMG_2080.JPG



問題は、親スズメが気づいてくれるかどうかですが、物陰に隠れて様子をうかがっていましたが、無事、ヒナを戻した巣の中に入っていくのが確認出来ました。

試行錯誤で色々大変でしたが、色々学ぶことが出来て?良かったです。
特に3歳の娘は、スズメが虫を食べている所を実際に見たので、興味津々のようでした。
「ダンゴムシも食べるかな?!」等々言っていました。
娘は虫が苦手なんですが、こんなふうに興味を持ってもらえると、親としてはありがたいです。
自分も虫は苦手ですが、少しは克服出来たような気がしました。

以上、今回もまた個人ブログで書けよ的な内容でしたが、、
オートパルさんで拾ったということで、、、これも何かの縁ですよねきっと。

人間も鳥も、皆、子育てって大変ですネ。

 

年度末のご挨拶

こんにちは、木村です。
前回のブログで、2月が始まりました!と書いておりましたがもう3月が終わりますね、、。
ずっと更新しておりませんでした。すみません。

3月といえば、卒業・卒園シーズンですね。私のいとこは大学を卒業して、明日から新社会人となります。
それから、私の子供は保育園を卒園して、同じ系列の幼稚園へ入園することになりました。
まだ2歳になったばかりなんですが、最近の幼稚園は、2歳児も受け入れてくれる所があるんですね!

そして、本日で平成26年度が終わり、明日から平成27年度が始まりますね。
弊社は決算月ではありませんが、明日から、今年も新入社員を一名迎え、心機一転、頑張りたいと思います!
平成27年度も、どうぞよろしくお願い申し上げます。