Vi-Blog

2018年9月

2018年9月の記事一覧です。

重陽の節句

こんにちは、ヴィ・クルーの木村です。
大変ご無沙汰しております。
突然ですが、すごく久々にブログを書かせて頂きたいと思います。

愛用しているスケジュール帳をふと見てみると、9月9日に「重陽の節句」とありました。
読みは(ちょうよう)だそうです。恥ずかしながら初めて知りました。

桃の節句や端午の節句と同じ節句のひとつで、不老長寿を願う風習のことだそうです。
別名「菊の節句」菊の花びらをお酒に浮かべた「菊酒」を飲んで邪気を払い、長寿を祈願していたそうです。

昔から、奇数は縁起のいい「陽数」と考えられていて、一番大きな陽数である9が重なる日を「重陽」と呼び、特別な日とされていたとか。

9が縁起がいい数字とは初めて聞きました。苦を連想するのでむしろ忌み嫌われているイメージですが、、、。
よくよく調べてみると、元々は中国が由来みたいですね。
中国人といえば8が大好きなイメージですが、9も縁起が良いとされているみたいですね。

私自身の話になりますが、私は朝方の4時9分に産まれたのですが、母が、4と9なんて縁起が悪いので、せめて1分だけでもずらして4時10分にしてくれないか、とお医者さんに頼み込んだそうです。
結果は・・・やはり出生時間をずらすことは出来なかったようで、私の母子手帳には4時9分としっかり書かれています。

でもこの重陽の節句を知って、9という数字をポジティブに考えられるようになった気がします。
しかし4は・・中国でもあまり縁起が良くないようですね。4つの幸せ、と考える人もいるみたいですが。
4に関する縁起が良い話も探してみたいと思います。