Vi-Blog

2011年5月

2011年5月の記事一覧です。

白石モノ創り協議会

昨日、5/17に「白石モノ創り協議会」が立ち上がりました。

設立の趣旨として、景気に左右されない自立型の企業、地域を作っていくという事と、同時に「人づくり」「もの創り」「価値づくり」という3つのテーマを設け、白石市内の中小企業が互いに知恵を出し合い共に地域と成長していくというものです。

本協議会の顧問を引き受けていただいたのが東北大学大学院 医工学研究課の松木英敏先生です。

設立総会後に記念講演をお願いし、参加した地元企業の皆さんも夢を膨らませ明日に向けて大きなエネルギーをいただく事が出来ました。大切な事は「まずやってみる」という事でコツコツ積み重ねていく事が大切だと思っています。

 

懇親会まで市長にも参加していただき、今後の地域のあり方や自立型地域について熱く話し合いが出来た事も有意義でした。

産学官連携のこの協議会。

初代会長に就任し全力で良い会社、良い地域を創っていけるよう、みんなで力を合わせて頑張っていきたいと思っております。

 

写真もアップしたかったのですが。。。。。。

撮る余裕がありませんでした・・・・・

 

今後も、ブログで活動報告をしていきたいと思っています。

帰ってくる

東日本大震災から2ヶ月が経過しました。

これまでの間にたくさんの方の支援や励ましの言葉に感謝と感動をしております。

津波の被害の大きかった地域では仮設住宅へ引っ越したり、よその地域へ避難したりと、決して望んではいないが地域を出て行かなければならない人がたくさんいます。

中小企業経営者は必死に地域復興をめざし確実に前進しようとしています。

地域の方がいつでも帰ってきても大丈夫なように一生懸命頑張っています。

私の会社は山沿いのため津波の被害はありませんでしたが、お客様が甚大な被害にあっているため支援をしながらも新たな経営の柱をたてていけなければならない状況といえます。

そこで大切なのが「何のために経営しているか?」という考え。

決して悪徳商人にはならず、理念にそって前進していかなければなりません。

私の会社は「人・車・地球を元気にするメーカー」として復興支援ならびにお客様の新たな仕事づくりへの提案をしていきます。

来月には新しい商品をご紹介できると思いますが、新商品も社員と共に震災で自宅待機状態だった時から考えてきたものです。

この震災をひとつの大きな転換点として捉え、更なるステップアップを図れるよう全社一丸で取組んでまいります。

本日のタイトルである「帰ってくる」ですが、毎年会社の玄関にツバメが巣を作っているのですが今年はこないかな~と思っていましたが帰ってきてくれました。

110425_070401.jpg

110425_070351.jpg

 

ちゃんとやってるよ!という気持ちがツバメにも届いたのかな?と思うと、この震災も同様、しっかりと踏ん張り我々が地域の火になる事でたくさんの人が帰ってきてくれるのだと思います。

 

どんな状況になっても我々の志は変わりません。

強くたくましくこれからも頑張って行こうと思います。